[:ja]コンセプトが全てではないけれど。[:]

[:ja]昨年の11月1日日に、さりげなく屋号ロゴをリニューアルしたのですが。
屋号ロゴをリデザインしました。

11月1日が、フリーランス記念日でした。
今年、再始動したこともあり、ロゴを変更しました。
コンセプトカラーの青は変わらず、ベースとしたフォントをチョコチョコ触りつつ、作成しました。

「思わずペロッと舌を出して笑顔になりそうな、味わい深いデザインの創出。」

そんなコンセプトでつくりました。

出産を機に、すこしばかり自分の重心が変わりました。
いや、専門学校でデザインを学んだ頃から変わっていなかっただけなのかもしれませんが。
来年度は、すこしばかり方向転換を狙っていきたいと思う所存です。
(そんな意味合いも含めてのロゴリニューアルでもありますが。)

ロゴのリデザインを機に、ロゴの使用例やパターンなどをPDFにまとめてみました。

仕事でロゴを制作する際には、コンセプトシートをPDFでクライアントにお渡ししています。
今回、作成したのは、それよりも少しばかり厳密なもの。
ロゴほど、意図が込められているものはないと思うのです。
故に、心を込めて、デザインする。
ロゴを作るときほど、楽しい時間はないのです、自分にとって。

コンセプトシートは、いわば、クライアントに向けたデザイナーからのラブレターだと思う。
そのロゴが愛されますように。あなたの会社が愛されますように、と。

まずは自分用につくってみたので、より満足を求められるようにブラッシュアップしていきます。[:]